新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
2020年04月16日 12時01分 JST | 更新 2020年04月16日 13時02分 JST

マッターホルン山頂に灯された日本の国旗。標高4478メートルから送り続ける世界へのエール(画像集)

困難を乗り越えるための「希望や強さの証」として送られた

新型コロナウイルスの感染が広がる中で、世界中の人びとはさまざまな方法で困難を乗り越えようとしている。

標高4478メートルのマッターホルンを有するスイスのツェルマットは、その山頂に各国の国旗やメッセージを灯す方法で、世界にエールを送り続けている。

4月15日には日本の国旗が山頂に映し出され、「希望の証」が送られた。

この取り組みは3月に始まり、「#hope」「#stay home」といったメッセージも灯されている。

ツェルマット観光局は公式サイトで「このライトプロジェクションを通じて、この困難な時にみなさんに希望と団結の証を与えたい。苦しみを感じている人に結束を示し、この危機を乗り越えるため助け合う全ての人たちに感謝しています」と説明している

マッターホルンから送られるエールの数々を紹介する。

#hope

FABRICE COFFRINI via Getty Images

Dear スイス

FABRICE COFFRINI via Getty Images

#stay home

FABRICE COFFRINI via Getty Images
FABRICE COFFRINI via Getty Images

Dear イタリア

FABRICE COFFRINI via Getty Images
イタリア国旗

Dear ポルトガル

「ツェルマットには、最大級のポルトガル人コミュニティがあります。コロナウイルスのパンデミックの中、彼らの多くがここに残り続けています。ありがとう!」

Dear フランス

Dear スペイン

「新型コロナの深刻な影響を受けているスペインの人たちへ。辛抱強く、健康でありますように」

Dear イギリス

「イギリスの同志へ。マッターホルンから希望の証を送ります」

Dear ドイツ

Dear 日本

「日本の人たちに、こので未曽有で困難な時を乗り越えるため希望と強さの証を送ります」