アップルウォッチ、バンドも文字盤もレインボーにする方法【動画解説】

Apple Watch用新作バンド「プライドエディション」にマッチする「プライド文字盤」を設定する方法をお伝えします。
Engadget 日本版

アップルはApple Watch用の新作バンド「プライドエディション」2種を発売しました。40ミリ用・44ミリ用があり、価格はすべて4800円(税別)です。

新作バンドの実物が来ましたので、早速装着してみました。

▲Nikeスポーツバンド
▲Nikeスポーツバンド
Engadget 日本版
▲初のNike版プライドは、縦の列ごとに穴のカラーが異なります
▲初のNike版プライドは、縦の列ごとに穴のカラーが異なります
Engadget 日本版
▲スポーツバンド。従来のナイロン版と比べ濃いカラーになってます
▲スポーツバンド。従来のナイロン版と比べ濃いカラーになってます
Engadget 日本版

新作バンドに合わせ、新しい文字盤が最新のwatchOSで加わっています。iPhoneのWatchアプリから設定できるのですが……。このような情報もありました。

▲実際、デジタルのほうの文字盤は2019年までのものしかありません(アナログは新作を選べる)
▲実際、デジタルのほうの文字盤は2019年までのものしかありません(アナログは新作を選べる)
Engadget 日本版

少し悩んだ末、Apple Watch本体から直接2020版プライド文字盤を設定することができました。

▲バンドのカラーと素晴らしい一体感
▲バンドのカラーと素晴らしい一体感
Engadget 日本版

新作バンドを買われた方は、ぜひ文字盤と合わせてみてください。

関連記事