NEWS
2020年08月17日 13時49分 JST

朝ドラ『エール』、放送再開はいつから? 副音声付き再放送は終了へ

俳優の窪田正孝さんが主演、二階堂ふみさんがヒロインを務める。

時事通信社
『エール』主演の窪田正孝さん

NHKの朝の連続テレビ小説『エール』の放送が、9月14日から再開すると、公式サイトなどで発表された。

NHKによると、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、『エール』は4月1日から撮影を中断しており、6月16日から再開。

制作に遅れが生じたため、6月27日の放送をもって一時休止に。29日からは、出演者による解説放送(副音声)付きで第1回から再放送していた。

9月14日からは、およそ2カ月半ぶりに放送が再開されることになる。

休止中にオンエアされていた再放送は、9月11日をもって終了。9月12日には、特番『いよいよ来週から! 連続テレビ小説「エール」再開SP』と題した番組で、主役の窪田正孝さんとヒロインの二階堂ふみさんの対談などを放送するという。

 

『エール』、どんな物語?

俳優の窪田正孝さんが主演、二階堂ふみさんがヒロインを務める『エール』。「オリンピック・マーチ」「栄冠は君に輝く」などで知られる、作曲家・古関裕而(こせき ゆうじ)さんをモデルに、音楽とともに生きた夫婦を描く物語だ。