NEWS
2020年10月06日 17時03分 JST

「学術会議で働けば年金250万円」フジテレビ解説委員の発言、番組が訂正。「誤った印象を与えるものに」

「平井氏本人が出て説明すべきだ」などといった批判の声も

フジテレビの平井文夫上席解説委員が同局の番組で、政府の任命拒否をめぐって注目されている日本学術会議に関して「6年ここで働いたらその後学士院というところに行って、年間250万円年金がもらえる」など事実と異なる発言をした問題で、番組側は10月6日の放送で「誤った印象を与えるものになりました」などと訂正した。

「バイキングmore」公式サイトより
「バイキングmore」公式サイト

■翌日の釈明にも疑問符

問題の発言は、10月5日のフジテレビ系「バイキングMORE」内でされた。

平井氏は日本学術会議について民営化すべきだと指摘したうえで「この人たち6年ここで働いたらその後学士院というところに行って、年間250万円年金がもらえるんですよ。死ぬまで。皆さんの税金から。大体。そういうルールになってる」と発言。スタジオからは驚きの声が上がった。

だが、この内容は事実と異なる。日本学士院は学術会議とは異なる組織で、取材にも「学術会議の会員を務めたからといってそのまま学士院の会員になるということは全くない」と否定。

そもそも学士院は定員150人の終身会員制で、欠員が出るごとに募集をかけるが、任期6年で210人の会員を擁する学術会議の全員が入るのには無理がある。

平井氏は6日の「とくダネ!」(フジテレビ系)で「学術会議の会員は学士院の会員に推薦されますが、ならない人もいますし、学術会議以外の人も学士院会員になる道はあります」と釈明したが、学術会議の会員全員が学士院に推薦されるわけではなく、こちらも疑問視されていた。

■伊藤アナが訂正

「バイキングMORE」は6日、番組終了間際に伊藤利尋アナウンサーが平井氏の発言を訂正した。「昨日の放送について補足と訂正があります」と切り出すと、「日本学術会議をめぐるニュースを扱った際、フジテレビ平井上席解説委員の発言が学術会議の会員全員が学士院の会員になって年間250万円の年金を受けとれるというような誤った印象を与えるものになりました」とした。

そして、「正確には学術会議の会員は学士院に推薦される方もいますが、全員が学士院の会員になるわけではありません。また学術会議以外の方が学士院の会員になることもあります。この点補足して訂正いたします。大変失礼しました」と陳謝した。

この対応にTwitterでは「平井氏本人が出て説明すべきだ」などといった批判の声も上がっている。