新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
2020年12月10日 16時14分 JST | 更新 2020年12月10日 16時50分 JST

日本のワクチン接種「集団免疫獲得は2022年4月」。アメリカとの差は1年(英調査会社)

新型コロナ対応出遅れ。主要国の中ではもっと遅い時期という、残念な調査結果が発表された。

airfinityの資料より
ワクチン供給を基にした、各国の集団免疫獲得時期の予想

日本が集団免疫を獲得し、「通常」に戻るのは2022年4月。

ワクチン接種で他国に大きく出遅れていることを示す調査結果を、イギリスの調査会社「エアフィニティ」が発表した

最も早いアメリカとの差は1年。主要国の中では最も遅い時期と予想されている。

12月8日付の発表資料では、ワクチン開発会社と各国が結んでいる供給体制に基づいて、

・医療従事者や感染リスクの高い人たちの接種時期

・それ以外の人たちが接種して集団免疫が獲得される時期

をそれぞれ国別に予想している。

一番早いのはアメリカで、医療従事者と感染リスクが高い人の接種が2021年2月22日、集団免疫獲得が4月24日と予想されている。

2カ月前後の遅れで、カナダや、12月8日にファイザー製ワクチンの接種が始まったイギリスが続く見通しだ。

日本は大きく遅れている。

医療従事者らの接種が2021年10月15日、集団免疫の獲得は2022年4月8日と予想されている。

各国のそれぞれの時期は次の通り。

▽医療従事者や感染リスクの高い人たちの接種時期

いずれも2021年

アメリカ:2月22日

カナダ:4月1日

イギリス:4月9日

ヨーロッパ諸国:5月9日

オーストラリア:7月1日

日本:10月15日

※以下の国は、人口の20%が接種する時期。

ラテンアメリカ:6月26日

中国:6月30日

ロシア:11月15日

▽集団免疫が獲得される時期 

2021年

アメリカ:4月24日

カナダ:6月9日

イギリス:7月10日

ヨーロッパ諸国:9日2日

オーストラリア:12月8日

2022年

ラテンアメリカ:3月26日

日本:4月8日

中国:10月2日

2023年

インド:2月25日

ロシア:4月以降で未定