WORLD
2021年01月07日 13時19分 JST

「暗黒の日だ」ペンス副大統領、議事堂乱入のトランプ支持者たちを強く非難。「暴力は決して勝利しない」

「世界の国々は、我々の民主主義の回復力と強靭さを目の当たりにするだろう」

アメリカのマイク・ペンス副大統領は日本時間の1月7日、トランプ大統領の支持者たちが議事堂に乱入した騒ぎについて、合同会議の再開にあたり「アメリカ議会の歴史において暗黒の日になった。ここで起きた暴力を可能な限り強い言葉で非難する」と話した。

ペンス副大統領公式Twitterより
審議再開にあたり、トランプ支持者らを非難するペンス副大統領

日本時間の1月7日未明、アメリカ連邦議会の議事堂で、民主党のジョー・バイデン氏の当選を確定させる上下両院の合同会議に、トランプ支持者が乱入した。支持者らはすでに排除され、審議は再開した。

再開にあたり、マイク・ペンス副大統領は「アメリカ議会の歴史において暗黒の日になった。ここで起きた暴力をできる可能な強い言葉で非難する」と話した。

さらに「ここで大きな混乱を引き起こした人たち、あなたたちは勝利しなかった。暴力が勝利することはない。自由こそが勝つ」「世界の国々は、我々の民主主義の回復力と強靭さを目の当たりにするだろう」と話し、「さあ、仕事に戻りましょう」と呼びかけた。

この発言を受け日本のTwitterでは、複数のトランプ支持者とみられる人たちが「ペンス氏は裏切り者」などと投稿している。