これからの経済
2021年04月06日 13時01分 JST

韓国LG、スマホを含むモバイル事業からの撤退を正式発表

モバイル事業の業績は赤字が続いており、過去5年間に約5兆ウォン(約4710億円)もの損失を出していました。

Engadget Japan
LG

韓国LGは4月5日、スマートフォンを含むモバイル事業からの撤退を正式に発表しました。4月5日の朝に行われた取締役会によって承認されたとのことです。

LGのモバイル事業撤退は、ここ数か月噂されていたもの。LGのスマートフォンといえば、2画面化できるスマートフォンや、画面が回転するLG WINGなど、他とは違ったデバイスを数多くリリースしており、最近では巻き取り式のLG Rallableのコンセプトも発表。その技術力をアピールしていました。

しかし、モバイル事業の業績は赤字が続いており、過去5年間に約5兆ウォン(約4710億円)もの損失を出していました。このため、モバイル事業の売却先を探していたものの、買い手が見つからなかったようです。

LGによるとモバイル事業の閉鎖により、電気自動車部品やコネクテッドデバイス、スマートホーム、ロボット、人工知能、BtioBソリューションなどの成長分野にリソースを集中できるとしています。

なお、LGのスマートフォンについては、在庫分は引き続き販売されます。また、地域により期間は異なるものの、サポートやソフトウェアアップデートなども提供されるとのことです。

 Source: LG

 ※Engadget 日本版は記事内のリンクからアフェリエイト報酬を得ることがあります。