アートとカルチャー
2021年04月23日 10時24分 JST

見よ、この信じられないほど小さな新型ポラロイドカメラを

最新のカメラ「Polaroid Go」は、世界最小のアナログインスタントカメラで、セルフタイマー、自撮り用ミラーに加え、二重露光ができる機能もあるという。

TechCrunch Japan

インスタント写真はこの10年ほどで大きく変わったが、インスタントカメラの箱型の容姿はほとんど損なわれていない。現代のインスタントカメラは小型化され、さまざまな落ち着いたパステルカラーが施されもしているが、厳密にはスレンダーとは言えない。

しかし、見よ、Polaroid(ポラロイド)が、昔のPolaroidではなく、新しいPolaroid がやってくれた。同社は、最新のカメラ「Polaroid Go」は、世界最小のアナログインスタントカメラであるという。そして、たしかにかなり小さそうだ。

どれほど小さいか?サイズは長さ4.1インチ(約10.1cm)高さ2.4インチ(約6.1 cm)奥行き3インチ(約7.6 cm)強。Goは間違いなく小さいが、役に立つ機能をいくつも備えており、セルフタイマー、自撮り用ミラーに加えて夢のような二重露光ができる機能もある。

宣伝写真では、Polaroidのモデルたちが繊細なカナッペのように持っていたり、スタイリッシュなアクセサリー(カメラストラップ?ネックレス?)からぶら下がっているのをきゃしゃな指でつまんでいるところなどが見られる。どうやらメーカーは本当にこれを身に着けて欲しいようで、もちろん私もそれをためらわない。

POLAROID

GoとともにPolaroidは、厄介でもあるが、インスタント写真に必要なトレンドだと私は思っている新しいフィルムフォーマットを作った。今回それは、基本的に同社の象徴的正方形フィルムのミニチュア版だ。そしてカメラは小さいが、TechCrunchの小さなカメラマニアで近々レビューを担当するDevin Coldeweyは、Instax Miniなどと比べて実際の写真サイズはさほど小さくないだろうといっていた。

Polaroidは、Goは「過去数十年で最も感動的なPolaroidフォームファクターの変更」といっており、おそらく間違っていない。同社の死からのありえない復活の方がもっと感動的な気もするが、この作品のかわいらしさにケチを付けたくはない。良い写真をとってくれることだけを願おう。

Polaroid Goは、同社の看板ながら今や恐ろしいほど膨張してみえる姉妹機のPolaroid Nowと、デジタルとアナログを融合し、Bluetooth経由でスマートフォンとつながるOneStep+に仲間入りする。現在予約受付中で価格は100ドル(約1万800円)と、普通サイズの古くて新しいPolaroidカメラを買うのと同じ金額だ。

関連記事:ポラロイドカメラが復活、新モデルPolaroid Nowが登場

(2021年4月22日TechCrunch Japan「見よ、この信じられないほど小さな新型ポラロイドカメラを」より転載

【関連記事】