NEWS
2021年06月06日 16時15分 JST | 更新 2021年06月06日 16時18分 JST

これが、100メートル9秒95の走りだ。陸上の山縣亮太選手が日本新記録(動画)

日本人で4人目の9秒台となった。

時事通信社
布勢スプリント/山県が日本新で優勝  男子100メートル決勝、9秒95の日本新記録で優勝した山県亮太(中央、セイコー)=6日、鳥取市のヤマタスポーツパーク陸上競技場[代表撮影]

6月6日にあった陸上『布施スプリント』男子100メートル決勝で、山縣亮太選手が9秒95(追い風2.0メートル)の日本新記録を樹立した。

日本人で4人目の9秒台となった。

サニー・ブラウン選手が2019年、アメリカのNCAAデヴィジョン1チャンピオンシップで樹立した9秒97の日本記録を0秒02縮めた。

レース序盤から抜け出した山縣選手は、5レーンの多田修平選手と競り合った末、最後に振り切って1着でフィニッシュ。ゴール直後、電光掲示板には参考値として日本記録タイの9秒97と表示され、観客からは歓声が上がった。

その後、正式記録として9秒95となった。