TOKYO 2020
2021年07月25日 14時33分 JST

堀米雄斗選手、開会式で日本の注目選手たちと2ショット写真を撮っていた(画像)

東京オリンピックのスケートボード男子ストリートに出場し、初代金メダリストに輝いた。

Dan Mullan via Getty Images
堀米雄斗選手

堀米雄斗選手は7月25日、東京オリンピックで初めて採用されたスケートボードの男子ストリート決勝に出場し、初代金メダリストに輝いた。

堀米選手は、競技会場の有明アーバンスポーツパークがある東京都江東区出身。「地元開催」に花を添える形となった。

堀米選手は23日の開会式に参加した際、日本の注目アスリートと2ショット写真を撮影。自身のTwitterに投稿していた。

その相手は、日本選手団の旗手を務めたバスケットボール男子日本代表の八村塁選手と、サーフィン男子代表の五十嵐カノア選手。

「チーム日本(国旗の絵文字)」とツイートしている。

ツイートには「最高の2人」「応援しています」などと反応が寄せられていた。

さらに、金メダルが決まるとさっそく、「おめでとう」「江東区で錦を飾るのはドラマチック」などと、日本語や英語の祝福のメッセージが多数寄せられていた。