NEWS
2021年10月21日 09時52分 JST

オリオン座流星群、きょう活動のピークに。方角や時間、観測のポイントは?

オリオン座流星群が10月21日、活動のピークを迎えます。観測のポイントをまとめました。

Getty
オリオン座流星群が活動のピークを迎える(イメージ)

オリオン座流星群が10月21日、活動のピークを迎えます。見頃を迎える時間帯や観測に適した方角は?観察のポイントをまとめました。

オリオン座流星群は、毎年10月21日ごろに活動のピークを迎える流星群。ハレー彗星を母天体としていて、流れるスピードが速いのが特徴です。

ウェザーニュースによると、流星は放射点が空に昇ってくる午後9時ごろから流れ始めます。真夜中ほど放射点が空高くに昇るため、観察しやすくなります。

前日の20日が満月になったため、21日も一晩中月に照らされ空が明るくなる見通しです。

 

観察に適した場所は?

国立天文台の公式サイトによると、流星群の観測の好条件は次の4つ。

・流星群の活動が最も活発となる「極大」の時刻前後

・放射点が高い

・月明かりがない

・人工の明かりが少なく、空が広く見渡せる場所

できるだけ、街灯などの人工の明かりが少ない場所を選びましょう。人工の明かりが多いと、その明るさに邪魔をされて暗い流星が見えにくくなってしまいます。その上で可能な限り、空が広く見渡せる場所を選んでみてください。

 

方角は?

どの方向に注意を向けたら良いのでしょうか?

国立天文台によると、流星群は夜空のどこにでも現れるため「見る方向を気にする必要はない」そうです。空をより広く見渡している方が、より多くの流星を捉えられる可能性が高くなります。ただ、月のある方向を正面にして観察するのは避けた方が良いです。

 

天気は?

ウェザーニュースによると、21日の日本付近は、北日本を中心に西高東低の冬型の気圧配置となります。西日本や関東は曇りや雨となる可能性があり、あいにくの天気となりそうです。北日本は、太平洋沿岸や東海地方を中心に、流星の観測には好条件の天気となる予想です。