NEWS
2021年11月30日 11時41分 JST | 更新 2021年11月30日 16時00分 JST

ツイッター創業者のドーシーCEOが退任 その理由とは?

決済サービス「スクエア」のCEOも務めており、投資家からツイッターの経営に集中できていないなどの批判が出ていた。

朝日新聞社
オンライン会議形式で行われた米議会の公聴会で証言するツイッターのジャック・ドーシー最高経営責任者(CEO)=米議会の中継映像から

<朝日新聞デジタル>

ツイッター創業者のドーシーCEOが退任 兼務に投資家から批判

 米ツイッターは29日、創業者のジャック・ドーシー最高経営責任者(CEO)が退任し、パラグ・アグラワル最高技術責任者(CTO)が同日付で後任に就任したと発表した。ドーシー氏は決済サービス「スクエア」のCEOも務めており、投資家からツイッターの経営に集中できていないなどの批判が出ていた。

 ドーシー氏はツイートで「創業者の影響から離れ、自立できることが企業にとって重要だ」としたうえで、「ついに(会社を)離れる時が来たと決めた」とコメントした。ドーシー氏は任期が切れる22年まで取締役にとどまるという。取締役会議長には、米クラウドサービス大手セールスフォースのブレット・テイラー最高執行責任者(COO)が指名された。

 ドーシー氏は一時ツイッターの経営を離れた後、15年に再び同社のトップに復帰していた。

 ツイッターはドーシー氏らが06年に創業。140字以内の手軽さから世界的に利用が広がり、広告を閲覧できる利用者数(1日あたり)は世界で約2億人いる。だが、フェイスブック(FB)を傘下に持つメタ(グループの1日あたり利用者約28億人)などに大きく水をあけられており、収益面での課題が続いていた。(サンフランシスコ=五十嵐大介)

(朝日新聞デジタル 2021年11月30日 09時54分)

関連ニュース