今夜は満月「ピンクムーン」が出現。ピンク色には見えません。名前の由来は?

日本列島の広範囲で晴れることが予想され、春のお月見を楽しむことが出来そうです。
今夜は満月「ピンクムーン」
今夜は満月「ピンクムーン」
ウェザーニュース

今夜のお月さまは満月です。アメリカの農事暦では「ピンクムーン」とも呼ばれます。

今夜は日本列島の広範囲で晴れることが予想され、春のお月見を楽しむことが出来そうです。

*月が実際にピンク色に見えるわけではありません

今夜の天気は?

今日夕方に昇ってくるお月さまは、日付が変わって明日17日(日)の明け方に満月の瞬間を迎えます。

今夜から明日にかけては高気圧に覆われて広い範囲で晴れる予想です。ごく一部ではありますが、東海周辺や沖縄など一部の地域では雲が広がりやすくなるため、雲間からのチャンスとなりそうです。


4月の満月、アメリカでは”Pink Moon”

農事暦における満月の呼び方
農事暦における満月の呼び方
ウェザーニュース

アメリカの先住民は季節を把握するために、各月に見られる満月に名前を、動物や植物、季節のイベントなど実に様々につけていました。

農事暦(The Old Farmer’s Almanac)によると、アメリカでは4月の満月を「ピンクムーン(Pink Moon/桃色月)」と呼ぶようです。

春の鮮やかなピンク色の花が咲く頃ということに由来するといわれ、実際に月がピンク色に見えるわけではありません。

現象おさらい 満月とは

太陽、月、地球の位置関係
太陽、月、地球の位置関係
ウェザーニュース

月は自ら光っているわけではなく、太陽の光を反射することで輝いて見えています。

そして、太陽の光が当たっている月面の半球が地球から見てどちらを向いているかによって、三日月や上弦、満月、下弦など、見かけ上の形が変わります。

地球から見た太陽の方向を基準に、太陽の方向と月の方向の黄経差が0度の瞬間が朔(新月)、90度の瞬間が上弦(半月)、180度の瞬間が望(満月)、270度の瞬間が下弦(半月)と定義されていて、およそ1か月弱で1周します。

つまり満月は、地球から見て太陽と月が正反対の方向にならぶ瞬間(太陽、地球、月の順に、ほぼ一直線にならぶ瞬間)を指します。

【関連記事】

Popular in the Community