運動会に水を差す雨、関東は局地的に土砂降りも。夜にかけて油断できない天気に

夜にかけて雨の降りやすい状態が続くため、一旦雨が止んでも油断は出来ません。
東京都の雨の様子
東京都の雨の様子
ウェザーニュース

今日21日(土)は朝から太平洋側を中心に雨が降っています。関東は局地的に雨雲が発達して土砂降りの雨になり、運動会が中止になってしまった所もある状況です。

夜にかけて雨の降りやすい状態が続くため、一旦雨が止んでも油断は出来ません。

10分で5mmを超える強い雨や雷

梅雨前線は本州の南の海上にあり、前線本体の活発な雨雲は陸地にはほとんどかかっていません。ただ、気圧の谷や湿った空気の影響で、東日本の太平洋側を中心に大気の状態が不安定になり、所々で雨が降っています。

関東は異なる向きの風のぶつかり合いもあって、局地的に雨雲が発達しています。埼玉県・越谷では10時50分までの1時間で21.5mmの雨を観測し、東京のアメダスでも10分で6.5mmの土砂降りの雨を観測しました。

茨城県や千葉県の県境では、雷が鳴った所もあります。このあとも急な土砂降りの雨や落雷に注意が必要です。周辺に底の低い雲や黒い雲が見えたら、屋根の下や屋内へ入るようにしてください。
» 最新の雨雲レーダー

夜にかけて油断できない天気が続く

梅雨前線上には低気圧が発生していて、この低気圧の東進とともに西日本は雨が止んでいく見込みです。

関東も強い雨は昼前後で一旦落ち着くとみられますが、夜は上空に寒気が流れ込んで再び不安定になる予想です。一旦雨が止んでも油断は出来ません。
» ピンポイント天気予報
» 詳しい天気をアプリで見る