アイスコーヒー、何度になると飲みたくなる? 飲み物と天気の関係は?

ウェザーニュースアプリの利用者に「今飲みたいものは『ホット』か『アイス』か」を聞き取り、回答時の外気温との相関を分析しました。
ウェザーニュース

5月中旬の“梅雨の先取り”のような雨がちだった日々が過ぎ、全国各地で25℃を超える夏日が到来しています。そんな時季に口にしたくなるのは、アイスコーヒーなどの冷たい飲み物です。

「ホットからアイスへの切り替え」は、気温が何度のときなのか。今年2月から5月にかけての特定日12日間の昼間(11〜15時)、ウェザーニュースアプリの利用者に「今飲みたいものは『ホット』か『アイス』か」を聞き取り、回答時の外気温との相関を分析しました。

5万件を超える回答総数のなかから「通年ホットまたはアイスを飲む」という回答を除外して、集計しています。

アイス率は19℃で過半数、夏日で80%まで上昇

利用者からの回答と実際の気温を照らし合わせてみたところ、気温が18℃以下だとホット、気温が19℃以上になるとアイスが優勢になるという結果に。気温19℃がホットからアイスへの切り替えポイントといえそうです。

気温12℃で20%だったアイス率は気温の上昇とともに増え続け、気温25℃の夏日になると、80%近くまで達しています。

ウェザーニュース

飲み物と天気の関係は?

実際に「アイス」の飲み物が飲みたくなるのは、どんな気象条件の日なのでしょうか。アイスコーヒーの売れ行きをもとに、コンビニエンスストア大手のファミリーマート FF・スイーツ部のコーヒー担当に解説して頂きました。

「ホットコーヒーに比べてアイスコーヒーがよく売れる気象条件は『気温が高い』『湿度が高い』『晴れ』の3点です。

この中で最も重視するのは気温です。最高気温が25℃を上回るタイミングがホットコーヒーよりアイスコーヒーが優勢となる目安とみています。例年だと、だいたいゴールデンウィーク頃になります。

さらに、グンと暑くなる日のように、前日との温度差が大きいこともアイス率が伸びる要因になります」(ファミリーマート FF・スイーツ部 コーヒー担当)

ウェザーニュース

アイスコーヒーの売れ行きは3つの条件が揃う日が多くなる、梅雨明けの時季に大きく伸びるそうです。

「S・Mサイズと比較してLサイズの売れ行きは、最も暑い時季に大きく伸長します」(同)

アイスコーヒーは、梅雨明けから8月のお盆のあたりまでが、1年中でもっとも売れる時期だそうです。

「アイスコーヒーL」と「アイスカフェラテL」(各税込み260円) ※一部店舗では取り扱いがない場合があります
「アイスコーヒーL」と「アイスカフェラテL」(各税込み260円) ※一部店舗では取り扱いがない場合があります
ウェザーニュース

最低気温が15℃を下回るとホットが優勢に

9月に入ると早くもホットコーヒーの勢いが増しはじめ、10月にはアイスとホットの売れ行きが完全に入れ替わると言います。近年は残暑が長引く傾向があるにもかかわらず、9月からすでにホットコーヒーが売れはじめるのは、意外です。

「ホットコーヒーは1日の最低気温が15℃を下回るタイミングを目安に売れ行きを伸ばします。通常、ホットコーヒーが1日のなかでもっとも売れるのは、7~9時という出勤前にあたる朝の時間帯です」(同)

盛夏とは異なり、9月に入ると日によっては涼しく感じられる朝もありますので、そうした肌寒さを感じるような朝に、それまでアイス派だった人も“そろそろホットかな”という気分になるのではないでしょうか。

季節の移り変わりに連動した「体感温度の変化」が、飲み物の選択と売れ行きに影響を与えているといえそうです。

まもなく梅雨前線が北上し、梅雨を迎えます。梅雨入り前のさわやかな晴天の日に、「アイス」の味わいとのどごしを楽しんでおくのも良いですね。
» お天気ニュースをアプリで見る

【関連記事】