「イブリガッツォ」の作り方 おばあちゃんの簡単おつまみが美味しすぎる(レシピ)【2022年上半期回顧】

燻製の香り、漬物の塩味や旨味、チーズが引き起こす和風マリトッツォのレシピを紹介。日本酒やビール、洋酒にも合う。【2022年上半期回顧】
イブリガッツォ
Twitter / backyennew
イブリガッツォ

2022年上半期にハフポスト日本版で反響の大きかった記事をご紹介しています。(初出:2月21日)

いぶりがっことクリームチーズ。新時代のマリトッツォが美味しそう…!」

和風マリトッツォの作り方が話題になっています。

投稿したのは投稿したのは、家族で旅館「木塵」(長野県白馬村)を営む柏原周平さん( @backyennew )。

「おばあちゃん作『イブリガッツォ』」とのコメントとともに、和風イブリガッツォと、調理中の写真を公開しました。

マリトッツォとは、ブリオッシュ生地に生クリームを挟んだイタリア発祥のスイーツで、近年人気を集めています。

マリトッツォ
hiroyuki nakai via Getty Images
マリトッツォ

「イブリガッツォ」の作り方

マリトッツォによく似た「イブリガッツォ」。ハフポスト日本版は、柏原さんに作り方などを聞きました。

柏原さんによると、イブリガッツォの作り方はこちら。

1.いぶりがっこを八重作りにする。

2.いぶりがっこにクリームチーズを挟む。

以上。簡単すぎる…!

写真で作っているのは、柏原さんのお母さん。息子がいるため、家族からは「おばあちゃん」と呼ばれているそうです。
この日はお客さんに提供するため、数種類のチーズを使って試作をし、クリームチーズを選んだといいます。普段から色々なアイデアで創作料理を作っているそうで、柏原さんは「今回のいぶりがっこは、昨年末に母が東北旅行をした際、お土産に買ってきたものです」と話します。

できあがったイブリガッツォについて、柏原さんは「燻製の香りとともに、漬物の塩味と旨味がチーズの丸さと合わさり、お酒によく合うおつまみに仕上がりました。日本酒のほか、ビールや洋酒にも合うと思います」と太鼓判。

Twitterで反響が広がっていることについて、「いろいろな方に知っていただき嬉しかったです。旅館では季節に合わせて様々なアイデアで料理を提供しています。コロナ禍は厳しいですが頑張りますので、是非白馬に遊びに来てほしいです」と話します。

ホームページへ
訂正の連絡はこちら