aikoさん『花火』から23年。写真とともに、当時の自分へ思いつづり「素敵か」と反響【画像】

aikoさんは「『花火』を作ってくれてありがとう。これからも夏の星座にぶら下がってるよな夢ごごちで歌い続けるからね!」と記しています。
泡のような愛だった (初回限定仕様盤)
泡のような愛だった (初回限定仕様盤)
ポニーキャニオン、Amazon

歌手のaikoさんが8月4日、自身のTwitterを更新し、代表曲の1つである『花火』の発売から23年経ったことを報告し、過去の自分への思いをつづった。

「花火」はaikoさんのメジャー3枚目のシングルとして、1999年8月4日に発売。

aikoさんは23年前のものと思われる写真を添え、「昔のわたしへ。23年前の今日は『花火』の発売日やよ。おめでとうー🎊」と投稿。「『花火』を作ってくれてありがとう。これからも夏の星座にぶら下がってるよな夢ごごちで歌い続けるからね!」と記した。

ファンからは「素敵か!!」「花火を作ってくれてありがとう」「1番好きな曲」「歌い続けてくれてありがとう」といったコメントが寄せられている。

aikoさんは、1998年7月に『あした』でメジャーデビュー。『カブトムシ』『ボーイフレンド』『キラキラ』などのヒット曲を発表している。

7月17日にデビュー24年目を迎え、25周年イヤーに突入。デビュー記念日に合わせて、公式のインスタグラムアカウントを開設した。