【歴代1位】東京都心で猛暑日、今年14日目で過去最多。熱中症に注意を(2022年8月9日)

今週はこのあとも35℃近い真夏の暑さが続きます。日差しや風向きによっては35℃を超える日も出てくる見込みで、年間の猛暑日日数はさらに増えそうです。
イメージ画像
イメージ画像
ウェザーニュース
今日9日(火)も東日本は太平洋高気圧に覆われ、東京都心も朝から気温が上昇しています。12時前に35℃を観測し、今年14日目の猛暑日となりました。

これは、東京都心での年間猛暑日の歴代1位の記録を更新したことになります。

今年は6月後半から9日連続の猛暑日も

東京都心の年間の猛暑日日数は、1995年と2010年に記録した13日がこれまでは最多でした。今年は6月25日に初めての猛暑日を観測し、そこから9日連続で35℃以上となりました。

7月中旬など30℃に届かない日もありましたが、7月後半から暑さが戻り、8月はじめなど猛暑日の日が多くなりました。

このあとも真夏の厳しい暑さ続く 熱中症予防を

東京 予想気温の変化
東京 予想気温の変化
ウェザーニュース
今週はこのあとも35℃近い真夏の暑さが続きます。日差しや風向きによっては35℃を超える日も出てくる見込みで、年間の猛暑日日数はさらに増えそうです。

厳しい暑さが続くため、こまめな水分補給や塩分補給、涼しいところでの休憩など熱中症への対策をしっかりと行ってください。特に小さなお子さんや高齢者の方は、続く暑さによって、気づかないうちに体調が悪くなっている可能性もあります。周囲の方が気を配り、声を掛け合うようにしてください。
>>1週間先までの熱中症情報
写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)マスター ユーさん

【関連記事】