DAIGOさん、生前のタイキシャトルと撮影した写真を投稿。「偉大な名馬でした」

競馬情報番組でMCを務めるDAIGOさん。「僕の中では今も日本が誇る最強マイラーです」とその活躍を讃えました
|
DAIGOさん(2016年1月撮影)、タイキシャトル(1998年8月撮影)
DAIGOさん(2016年1月撮影)、タイキシャトル(1998年8月撮影)
時事通信

「偉大な名馬でした。ありがとうタイキシャトル」

ミュージシャン・タレントのDAIGOさんが8月17日、自身のTwitterを更新し、この日亡くなったことが発表された名馬・タイキシャトルの写真を投稿。その死を悼み、感謝の気持ちをつづった。

自身がメインMCを務める競馬情報番組「馬好王国」(フジテレビ系)の撮影で、2週間ほど前にタイキシャトルに会うことができたというDAIGOさん。

「ジャック・ル・マロワ賞も勝ち、僕の中では今も日本が誇る最強マイラーです」とその活躍を振り返り、「偉大な名馬でした。ありがとうタイキシャトル」と感謝の言葉をつづった。

タイキシャトルは1997年にデビュー。フランスG1・ジャックルマロワ賞、マイルCSなどを制覇。通算成績は13戦11勝だった。引退後は北海道で過ごしていた。

認定NPO法人「引退馬協会」が8月17日、タイキシャトルが馬房で亡くなっていたことを発表。

「馬房には荒れた様子もなく、寝ている間に安らかに旅立ったものと思われ、獣医師の死亡診断でも、老衰による心不全とのことでした」と明らかにしていた。28歳だった。

SNSでは、競馬ファンらから突然の訃報を驚く声とともに、「天国でも名馬たちと楽しく走っていることを祈ります」「タイキシャトルありがとう」と感謝の言葉が数多く寄せられていた。