YouTube、スキップできない5連続広告をテスト。「しんどい」とユーザーから悲しみの声

これは「小規模なテスト」であり、すでに終了しているという。
YouTubeのイメージ
YouTubeのイメージ
SOPA Images via Getty Images

YouTubeでスキップできない広告が5個以上連続で表示されたー。

こうした訴えがユーザーから相次いでいると、複数の海外メディアが伝えた。

日本国内でもこの情報がTwitterなどでシェアされると、「2個でも嫌なのに」「しんどい」と驚きと悲しみの声が上がっている。

「広告による動画の中断を減らし、よりよい体験をしてもらうため」と説明

TECH2は、有料プラン「YouTube Premium」に加入していないユーザーには、「最大5つの広告が動画の冒頭で表示されるようになった」と報道。ただ、10以上連続でスキップできない動画が表示されたと画像付きで訴えるユーザーもいるという。

YouTubeの公式Twitterはユーザーからの訴えに対して「これはバンパー広告と呼ばれる最長6秒の広告で起こる可能性があります」とコメント。必要ならフィードバックを送るようユーザーに促した。

YouTubeはPCMagに対し、スキップできない広告の増加は小規模なテストだったとコメント。目的については「広告による動画の中断を減らし、よりよい体験をしてもらうため」と説明し、すでに終了したとも明かした。

Googleによる過去の調査で、ユーザーは広告による中断の頻度に非常に敏感であり、中断が少ないほどコンテンツを最後まで楽しむということが分かっている。

報道によると、今後YouTubeでスキップできない広告が増えるかどうかは不明だという。

広告が表示されないYouTube Premiumは月額1,180円。日本のユーザーからは「やりすぎ」「プレミアムに入れということか」「これにイライラするくらいなら月1000円払ったほうが健康的」などのほか、他のプラットフォームへ移ることを検討する声も上がっていた。

ーーー

ひとりひとりが、サステナブルな地球環境の中で、自分らしく生きていくためにーー。

ハフポスト日本版は「SDGs」「多様性」「働き方」の三つのテーマを大きな柱としています。時事ニュース、企画特集や個人の声を拾い上げるオピニオンなど多様な記事を発信し、ハフポストの記事から会話を始めること、多くの関係者と協力しながら社会問題を解決することを目指していきます。