エリザベス女王のコーギー、引き受け手決まる。生涯で30匹以上を飼育、数々の写真で振り返る

女王の傍らでリラックスする姿が、数多くの写真におさめられていました📸
|

9月8日に亡くなったイギリスのエリザベス女王が、これまで可愛がっていた愛犬のコーギーたち。

今後、誰が世話をするか心配されていたが、引き受け先が決まった。

CNNは9月11日、2匹はエリザベス女王の次男アンドルー王子とセーラ元夫人と暮らすことになると報じた。セーラ元夫人は王子と離婚後も、犬を通して女王と親交を続けていたという。

女王は生前、4匹の犬を飼っていて、今回引き取られることが決まったのがウェルシュ・コーギーの「ミック」と「サンディー」。残るミックス犬の「キャンディー」とコッカースパニエルの「リッシー」については不明だという。

エリザベス女王はコーギーが好きなことで知られた。BBCによると、生涯で30匹以上のコーギーを飼育していた

2012年のロンドンオリンピック開会式で、女王がサプライズで出演した「007」シリーズをもとにした動画にもコーギーが登場していた

エリザベス女王が愛したコーギーたち。傍らでリラックスする姿が、数多くの写真におさめられていた。

【エリザベス女王とコーギーたち、その歴史を写真で】

1936年、2匹のコーギーと座るエリザベス女王
1936年、2匹のコーギーと座るエリザベス女王
Lisa Sheridan via Getty Images
1952年、コーギーと笑顔で写るエリザベス女王
1952年、コーギーと笑顔で写るエリザベス女王
Bettmann via Getty Images
1970年、コーギーとポーズをとるエリザベス女王
1970年、コーギーとポーズをとるエリザベス女王
Bettmann via Getty Images
1994年、コーギーとともにウィンザー城を散歩する女王
1994年、コーギーとともにウィンザー城を散歩する女王
Julian Parker via Getty Images
2012年、イギリスの都市シェボーンを訪ねた女王
2012年、イギリスの都市シェボーンを訪ねた女王
WPA Pool via Getty Images

ーーー

ひとりひとりが、サステナブルな地球環境の中で、自分らしく生きていくためにーー。

ハフポスト日本版は「SDGs」「多様性」「働き方」の三つのテーマを大きな柱としています。時事ニュース、企画特集や個人の声を拾い上げるオピニオンなど多様な記事を発信し、ハフポストの記事から会話を始めること、多くの関係者と協力しながら社会問題を解決することを目指していきます。