「火球」の目撃情報が相次ぐ。スコットランド、北アイルランドの空で【動画・画像】

専門家は「流星か、スペースデブリ(宇宙ごみ)か調査中」だと述べた。
|

現地時間9月14日、スコットランドと北アイルランドの上空を明るく照らしながら降下する「火球」が、動画に捉えられた。

イギリスを拠点とし、流星や火球の可能性を記録することを目的とした170台のカメラを備えたグループ「UK Meteor Network」は、大きく、緑色の火球を目撃したと報告した。

動画には、火球がきらきらと輝き、燃えるような跡を残して落下していく様子が映っている。

同団体は、カメラのネットワークを通じてこの物体を撮影し、火球に関する200件を超える報告を受けたという。

UK Meteor Networkは、この火球が流星なのかスペースデブリ(宇宙ごみ)なのか、調査中であることを明らかにした

このグループは、火球に関する「本物の報告や質問」は歓迎するが、「宇宙人、UFO、その他のナンセンスなものについてツイートするなら私たちを巻き込まないで」とも付け加えた

ハフポストUS版の記事を翻訳しました。

ーーー

ひとりひとりが、サステナブルな地球環境の中で、自分らしく生きていくためにーー。

ハフポスト日本版は「SDGs」「多様性」「働き方」の三つのテーマを大きな柱としています。時事ニュース、企画特集や個人の声を拾い上げるオピニオンなど多様な記事を発信し、ハフポストの記事から会話を始めること、多くの関係者と協力しながら社会問題を解決することを目指していきます。