米倉涼子さんが「急性腰痛症」を報告。主演舞台『CHICAGO』降板に、比嘉愛未さんらが労いのメッセージ

米倉涼子さんが主演舞台『CHICAGO』を降板。「ここに来るまで肉体的にも精神的もボロボロ状態です。気合いと根性だけではどうにもなりませんでした。ホント悔しいです」と心境を吐露した。
米倉涼子さん
米倉涼子さん
時事通信フォト

俳優の米倉涼子さんが「急性腰痛症及び仙腸関節障害による運動機能障害」を患い、主演ミュージカル『CHICAGO』(シカゴ)の米ブロードウェイ公演と来日公演を降板することが9月28日、発表された

米倉さんは29日、自身のインスタグラムを更新。ドクターストップがかかり、降板することになったことへの思いをつづり、芸能界の仲間やファンから「どうかご自愛下さい」といったコメントが寄せられている。

米倉さんは「断腸の思いでこの決断に至りました…お医者様からの半年は無理な動作は控えた方が良いというご意見でもあり このリスクを抱えてNYに行っても キャストをはじめ、俳優業界の皆様にご迷惑をおかけする事になり、コロナ禍にも関わらず、日本をはじめ、海外から来てくださったファンの皆様に当日キャンセルという事態はどうしても避けたく、この決断を下しました」と説明。

一度は症状が改善したものの困難な状況と向き合った経緯に触れ、「どうにか、どうにか間に合います様にと、やれるだけの治療、トリートメント、トレーニングを続けていますが、本当に悔しい結果になってしまいました。ごめんなさい、ごめんなさい、本当にごめんなさい」

その上で、「ここに来るまで肉体的にも精神的もボロボロ状態です。気合いと根性だけではどうにもなりませんでした。ホント悔しいです。。。」と心境を吐露。

「今やれる事はとにかく回復する事にフォーカスをおいて、この悔しさを今後の糧として必ず乗り越えてもっと強い女になってやるっ!!もっと器の大きな、引き出しの多い表現者になってやるんだ!!待っててね、待っててください」と記した。

米倉さんの投稿に、芸能界からも多く声が寄せられた。俳優の比嘉愛未さんは「米さん どうかどうかご自愛下さい 心身共に回復されるのを陰ながら祈っています」、ファッションモデルのヨンアさんは「あいしてるよ!」、同じくモデルの中林美和さんは「少しでも良くなりますように。お大事にしてね」とコメント。

またファンからも「適切な判断だと思います。先のことを考えましたら、元気な米倉さんがいいし、回復 出来ることを願っております。どうぞ!ご自愛ください」「苦渋の決断だった事とても伝わります お仕事に向き合う姿、楽しい事に可愛いほど無邪気に喜ぶ姿にはいつも 元気を貰っています。今は日常生活が沢山の笑顔で過ごせるようにご自愛ください いつまでもお待ちしています 気持ちを届けてくれてありがとうございます」といった労いの言葉が届いている。

―――

ひとりひとりが、サステナブルな地球環境の中で、自分らしく生きていくためにーー。

ハフポスト日本版は「SDGs」「多様性」「働き方」の三つのテーマを大きな柱としています。時事ニュース、企画特集や個人の声を拾い上げるオピニオンなど多様な記事を発信し、ハフポストの記事から会話を始めること、多くの関係者と協力しながら社会問題を解決することを目指していきます。