最低映画に贈られる「ラジー賞」にトム・ハンクスが2部門ノミネート。どうした?

ハンクスは、ワースト主演男優賞とワースト助演男優賞にノミネートされた。
トム・ハンクス
トム・ハンクス
Juan Naharro Gimenez via Getty Images

その年の最低な映画や演技に贈られるアメリカの「ゴールデンラズベリー賞(ラジー賞」)」のノミネートが、1月23日(現地時間)に発表された。

なんと、アカデミー賞を2度も受賞している名優トム・ハンクスも、候補者に名を連ねている。しかも2部門でだ。

ハンクスは、ディズニー映画『ピノキオ』で演じた人形職人ゼペット役でワースト主演男優賞、そして『エルヴィス』ではワースト助演男優賞にノミネートされた。

ワースト主演男優賞には他にも、『サマリタン』で主演を務めたシルベスター・スタローンも候補者に選出されている。

第43回ラジー賞授賞式は、その年最も素晴らしい映画や演技を表彰するアカデミー賞授賞式の前日、2023年3月11日(現地時間)に開催される。


ハフポストUS版の記事を翻訳・編集しました。

ホームページへ