ルフィはなぜ“草履”を履いていない? 『ONE PIECE』実写版でファンが疑問。ナミ役俳優の答えが深かった。

主人公ルフィら麦わらの一味の集合カットが公開されると、国内外のファンの間で、ルフィの“足元”に注目が集まった。
漫画『ONE PIECE』第1巻
漫画『ONE PIECE』第1巻
Amazonより

Netflixで2023年に配信予定の実写版『ONE PIECE』で、ルフィが履いているのは草履ではない──?

主人公ルフィら麦わらの一味の集合カットが公開されると、国内外のファンの間で、ルフィの“足元”に注目が集まった。

このファンの疑問にナミ役の俳優が答えた。その真相は?

「素晴らしい仕事の数々を見逃してほしくなかった」

尾田栄一郎さんが描く、日本を代表する人気漫画『ONE PIECE』。ハリウッドでの実写版では、ゾロ役を新田真剣佑さんが務めることでも話題だ。

作品の公式インスタグラムでは、ルフィ、ゾロ、ナミ、ウソップ、サンジのメインキャラ5人が、ゴーイングメリー号を見上げる姿を後ろから捉えたビジュアルが公開された。

服装やヘアスタイルなどは原作を忠実に再現しているようにみられるが、確かにイニャキ・ゴドイさん演じるルフィの足元をよく見ると、草履ではなく、足が覆われたスニーカーのような靴を履いている。SNSの間ではその“改変”について様々な意見が交わされた。

ビジュアルが公開されると、ナミ役のエミリー・ラッドさんはインスタグラムのストーリーズ機能を使って、ファンからの質問に答えるQ&Aを実施

そのなかで、ラッドさんはファンからの「なぜルフィは靴を履いているのか」という質問にこう答えた。

「私たちは自分たちでスタントをやることが許されており、ほとんどのスタントを自分たちで行いました(安全上の理由でそうではないシーンでは、才能ある素晴らしいスタントチームが参加してくれています)。

サンダル(草履)はスタントシーンにおいて最も安全な靴だとは言えません。そして、私たちはみなさんに(ルフィ役の)イニャキが行った素晴らしい仕事の数々を見逃してほしくなかったからです」

全編においてルフィは草履を履いていないのか、このビジュアルだけなのかは定かになっていないが、見応えある戦闘シーン、そしてスタントで俳優を危険にさらさないために、ちょっとした改変が行われたようだ。これにはファンからも「素敵な判断」「これなら納得」など支持する声が寄せられた。