チャールズ国王、卵を投げつけられる。23歳学生を逮捕

卵を投げた人物は、「イギリスは奴隷制の血の上に築かれた」と叫び、その場で取り押さえられたという
卵を投げつけられて反応するチャールズ国王(2022年11月9日)
卵を投げつけられて反応するチャールズ国王(2022年11月9日)
JAMES GLOSSOP via Getty Images

イギリス北部ヨークを訪れていたチャールズ国王に11月9日、卵が投げつけられた。

投げつけられた卵は複数で、1つは国王の右腕の上を通り過ぎて、地面に落下した。

デイリーメール記者のレベッカ・イングリッシュ氏によると、卵を投げた人物は、「イギリスは奴隷制の血の上に築かれた」と叫び、その場で取り押さえらえれた。

周りの人たちからは「恥を知れ」「国王陛下万歳」など、卵を投げた人物に対して批判の声があがったという。

BBCによると、卵を投げつけたのは23歳のヨーク大の学生で、公共の秩序を乱した疑いで逮捕された。

チャールズ国王とカミラ王妃は、ヨーク・ミンスターに建てられた故エリザベス女王の像の除幕のためにヨークを訪れていた。

ヨークシャー・ポストは、国王は卵を投げられた後も動じる様子を見せることなくセレモニーを続けたと報じている。

地面に落下した卵
地面に落下した卵
Jacob King - PA Images via Getty Images

ハフポストUS版の記事を翻訳しました。