俳優の渡辺徹さんが死去。敗血症で入院するも治療かなわず

渡辺さんの妻はタレントの榊󠄀原郁恵さんで、長男は俳優の渡辺裕太さん。家族葬を執り行い、後日「お別れの会」を予定しているという
|
渡辺徹さん(2003年02月12日撮影)
渡辺徹さん(2003年02月12日撮影)
時事通信社

俳優の渡辺徹さん(61歳)が11月28日、敗血症のため亡くなった。渡辺さんが所属する文学座が12月2日に発表した。

文学座によると、渡辺さんは11月20日に発熱し、腹痛等の症状が出たために都内の病院を受診したところ、細菌性胃腸炎と診断され入院した。

その後に敗血症と診断されて治療を受けたが、28日に死去した。

渡辺さんは、1961年茨城県古河市出身。1980年に文学座に入所し、テレビドラマ「太陽にほえろ!」などで人気を獲得。ゴールデンアロー賞新人賞やエランドール新人賞を受賞した。

渡辺さんの妻はタレントの榊󠄀原郁恵さんで、長男は俳優の渡辺裕太さん。葬儀は家族葬を執り行い、後日「お別れの会」を予定しているという。

ホームページへ