NEWS
2019年03月18日 14時17分 JST

内田裕也さん、先だった樹木希林さんへの思いを語っていた「見事な女性でした」

妻の樹木希林さんの死後、わずか半年で亡くなった内田裕也さん。妻への思いを滲ませるコメントをしていました。

時事通信社
内田裕也さん(左)、樹木希林さん(右)

ロック歌手で俳優の内田裕也さんが3月17日、肺炎で死去した。妻・樹木希林さんが2018年9月に亡くなってから、わずか半年後の突然の訃報だった。

樹木さんを追うように亡くなった内田さん。2018年9月5日の樹木さんの逝去時に、ショックが大きかったのか、コメントを発表したのは5日後だった。

最期は穏やかで綺麗な顔でした。

啓子 今までありがとう。

人を助け 人のために祈り 人に尽くしてきたので 天国に召されると思う。

おつかれ様。安らかに眠ってください。

見事な女性でした。  内田裕也さん公式ホームページより

9月30日に行われた告別式では、内田裕也さんではなく、長女の也哉子さんが弔辞を読んだ。

也哉子さんは、「わたしにとって、母を語るのに父、内田裕也なくしては語れません」と2人の結びつきの強さを語る一方で、「思えば内田家は家族が互いへのメッセージ発信を、いつも大勢の方々の証人の下に行っていた奇妙な家族でした」と独特な家族のかたちについて語った。

 式で也哉子さんが手紙を読んでいた間、『裕也さんは涙を見せることなく静かに耳を傾けていた』と、関係者が毎日新聞に語っていたという。

 内田さんはその後、10月9日の映画の試写会に車椅子姿で出席し、告別式以来初めての公の場に姿を見せた。

 「家族に不幸がありました。まだ日がたっていないので、(自分が)ちょっと元気がないように思います」と、胸の内を明かしていた

 また、10月14日に登壇した内田さんが出演したドキュメンタリー映画の舞台あいさつでは、映画のナレーションを樹木さんが務めていたことに触れ、「ちょっと動揺を隠せなかったです」と亡き妻を悼んだ