NEWS
2021年07月28日 19時17分 JST

神秘的な白いシャチ2頭、知床沖に出現。目撃したガイド「目を疑いました」【画像集】

ゴジラ岩観光のクルーズ船から撮影された。2頭が親子である可能性は低いという。その理由は?

Facebook/kct.whale
7月24日に撮影された2頭の白いシャチ(ゴジラ岩観光のFacebookより)

北海道・知床半島にある羅臼町(らうすちょう)の沖合で、白い姿をしたシャチ2頭が元気に泳ぐ姿がカメラに収められた。

ゴジラ岩観光」のクルーズ船「カムイワッカ号」で撮影された。7月24日午前11時50分ごろ、羅臼港から東に5~6km沖に約10頭のシャチの群れが泳いでおり、その中に2頭の白いシャチが混じっているのを見つけたという。1頭は体長6~7mのオス、もう1頭は性別不明の3mほどの子どもだと見られている。

知床沖で白いシャチが出現したのは、「2019年7月に1頭が見つかって以来、2年ぶり」とゴジラ岩観光。同じ群れに2頭いるのが見つけたのは、今回が初めてだという。

ゴジラ岩観光のガイド、長嶋里奈さんは「2年前にはわずかな時間しか見ることができなかったので、いつかまた見たいけど難しいだろうなと思ってました。白いシャチが2頭いるのが分かったときは、目を疑いました」とハフポスト日本版の取材に話している。

白い2頭は、親子なのだろうか。長嶋さんは「シャチは母親を中心とした群れを作るので、父親のシャチが同じ群れにいることは考えにくいです。兄弟か親戚ではないでしょうか」と話している。

 

■ゴジラ岩観光のFacebookに掲載された「白いシャチ」の画像集

Facebook/kct.whale
7月24日に撮影された白いシャチ(ゴジラ岩観光のFacebookより)
Facebook/kct.whale
7月24日に撮影された白いシャチ(ゴジラ岩観光のFacebookより)
Facebook/kct.whale
7月24日に撮影された白いシャチ(ゴジラ岩観光のFacebookより)
Facebook/kct.whale
7月24日に撮影された白いシャチ(ゴジラ岩観光のFacebookより)
Facebook/kct.whale
7月24日に撮影された白いシャチ(ゴジラ岩観光のFacebookより)