BLOG
2017年12月22日 18時03分 JST | 更新 2017年12月22日 18時03分 JST

忘年会の楽しみ方は幹事をすると倍わかる

あなたの近くにも「幹事を頼むならこの人だなあ」と思い当たる人がきっといるでしょう。 そして、僕はわりとソレです。

幹事気質、っというのはあると思う。

あなたの近くにも「幹事を頼むならこの人だなあ」と思い当たる人がきっといるでしょう。

そして、僕はわりとソレです。

仕事関係のちょっと面倒な忘年会にも、幹事は必ずいます。

その幹事さんには...、会社・上司に言われたとか、恒例だからなんとなく...とか、または自ら企画して!とか、何らかの動機があると思いますが。

どうせやるなら、楽しんでもらいたいし、何かしら意味のあるものにしたい、と思うんです。僕は思います。だって...、時間とお金を費やして退屈を貪るなんて人生において悲しいから!

そんなわけで、例えば...

・普段あまり交流のない人たちが話せる場にしよう

・いつも仕事でしか話さない人たちの親睦を深めてもらおう

・本音を言いたいけど言えてなさそうなアノ人の話を聞きたい

・多分アノ人とソノ人って気が合いそうだから...この機会に

と、幹事側がぼんやりと希望をイメージしてみたりするのです。

そしてそれが実現したりして、場が盛り上がって、想定してもいないのに「二次会行こうよ!」なんて声が出てくると、幹事冥利に尽きるなあ、と思えるわけです。

そう、幹事も"良い会"にできたら嬉しいんです。それがやりがいになり、結果、頼まれれば「仕方ないなあ...やりますか!」っと、幹事気質が育っていきます。

と、ここまでそんな幹事の気持ちを書きましたけれど。

そんな幹事さんが催してくれた会なのだから、参加するならするで、一緒に楽しみたいものです。

演劇の舞台上:客席側の関係にも似ている、一緒にその空間をつくるような感覚。

「親しい人がいないし...話し相手がいないなあ」と思ったらチャンス!

その会がキッカケで、新しく親しい関係になれるかも知れない。

「あまり好きじゃない人がいるからなあ...」と思ったら大チャンス!

その人の意外な素顔が見られて、少し嫌いじゃなくなるかも知れない。

「いつも気を遣って言いたいことも言えないのに...」と思うならむしろ!

ちょっと本音を聞いてくれる人が見つかるかも知れない、言えるかも知れない。

「職場恋愛とかやりづらいけど...気になるなあ好きかもなあ」と思ったら!

何気ない話をしながら「今度どこか一緒に...」なんて言えるかも!

いや、そう上手くはいかないかも知れないね、と、舞い上がりすぎないように注意も必要ですけれど。(ハメを外しすぎるととんでもないことにもなりかねないので)

ただ、楽しもうと思えば楽しめる方法が、可能性が、きっとある!と、思うのです。

せっかくだから、一緒に、楽しい会にしよう!と、参加者としても動いてみる。

すると...、まず幹事が嬉しいです。

最初から帰りたい顔をしている人がいたら、そこから先は地獄でしか無いですが...。

「さあ、楽しもう!一緒に!」と思ってくれる人との飲み会は、楽しくなるんです。楽しく出来るものなのです。

だから幹事気質になりましょう、だなんて言うつもりはありませんけれど。

1度くらい、そういう幹事経験をしておくと、一見とても面倒くさそうな忘年会でも「どうやったら楽しめるかな?」って、思えるようになったりするかも知れないですよ。

僕は10年ほど前、自ら幹事で合コンをセッティングしまくっていて気付いたんです。

そこで出会って結婚した友だちもいたりしてね。

僕には...そういう縁は無かったけれども、一緒に楽しんでくれた友だちとは、今でも良い思い出として共有していたりします。

...あと余談ですが。

それくらい考えてると、どう見積もっても楽しめないだろう会の予兆も察せるので。

迷わず断ることも、出来るようになります。