BLOG
2018年06月20日 16時58分 JST | 更新 2018年06月21日 01時43分 JST

31歳、ホストクラブにデビューしたら、思わぬ悲しみに出会ってしまった。

一晩で36人のホストが、私の前を通り過ぎた。

とある金曜日の夜。新宿・歌舞伎町に4人の女が集った。

ハフポスト日本版が誇る、自己評価低い系のアラサー編集者たちだ。

いつも取材先としてお世話になっている、ホストクラブ経営者の手塚マキさんのご招待で、私たちはこの日、手塚さんが経営している3つのホストクラブを「はしご」させてもらった。

結論を、一言で言わせてほしい。

「女は時に、イケメンの悲しみにお金を払う」

ホストに会う夜、女は赤い紅をひく。

午後8時。いつもと違う真っ赤な口紅をひいて、ホストクラブの扉を開けた。
最初に訪れたお店は、手塚さんが経営する「スマッパ!グループ」の本店「スマッパ・ハンス・アクセル・フォン・フェルセン」。

スーツを着たイケメンたち、シャンデリア、ふかふかのソファー、シャンパンタワー...。想像の中にあったクラシックなホストクラブだ。

挙動不審な女たちに、店長がシステム説明に来てくれたが、はっきり言って、話が全然頭に入らない。

とにかく私たちが「姫」と呼ばれる存在であることだけがよくわかった。

HuffPost japan
「誰か指名していただいて構いませんよ、と言われましても...」

微発泡のウェルカムドリンクで乾杯すると、すぐに若くてハイテンションなホストさんたちがテーブルについてくれた。

この日は、「初回限定お試しコース」的な扱いになっていたので、2、30分ごとに、入れ替わり立ちかわり色々なホストさんたちがやってきて、次々に私たちの手持ちの名刺は増えた。(次回から、好きなホストさんを指名して、2時間一緒にいてもらうという楽しみ方ができるらしい)。

「ソウタです!」「ツカサです!!」「エニシです!!!!」

「そうそう、姫たちの名前は??」

おっと.........。

自分の下の名前を誰かに言ったのなんて、何年ぶりだろう?

喜びのあまり元気いっぱいに「マリエだよ!!」と答えた私の中には、甘酸っぱい汁が流れ始めていた。

ホストさんたちの個性豊かな名刺は、自分でデザインを選び、自分で発注するのだという。手書きのメッセージを書き込むホストや、自分の香水を染み込ませるホストもいる。「離れても僕のこと忘れないでほしいじゃん」だそうだ。

わ、忘れへんで...。

HuffPost Japan
個性豊かな36枚の名刺が手元に残った...。

あくまでも主役は「姫」。自分が試されるシャンパンコール。

午後9時半。私たちはテレビでしか見たことのない「シャンパンコール」を初体験した。(来店が初めてなのだから、初体験に決まっているが。)

は、早すぎて何を言っているかわからない。でも何だか歓迎していただいているのはわかった。

シャンパンコールは、その店の全てのホストが一旦全員集まってくる。必然的に、周りのお客さんの視線もこちらに注がれる。

売上の締め日が近い月末ともなると、推しのホストにシャンパンを入れる姿を誇示しあう、女性客の熾烈なマウンティング合戦になるという。

驚いたのは、マイクが私たちの方にも向けられることだ。

「ここで姫たちからも一言ずつもらいましょう〜〜〜〜〜〜〜」

「わ、私、先週31歳になったんですね。ああ、ありがとうございます。ああ、すみません。なんとなくまだ誕生日気分なんですけど、今日こうして皆さんと最高の夜を迎えられて嬉しいです。ホストクラブ最高だと思います!!いえーい!!」

  ・ 

  ・ 

  ・

我ながらつまらなすぎるスピーチで絶望する。

先ほどとは違う脳汁が私の中に噴出した。

お客さんだからといって、ずっと「受け身」でサービスされ続けるかと思ったら大間違い。

こうしてふいにマイクを渡される。自分が試される、それがホストクラブだ。

HuffPost Japan
お客さんも、座ってへらへらしてるだけじゃない。恐るべし、ホストクラブ...。

6200万円の男、参上。

次に訪れたのは、グループの中でも、若いホストさんが集まっている「VANPS(ヴァンプ)」。20代前半の彼らは中性的なお顔立ちに、カジュアルな服装で私たちを出迎える。「ジャニーズJr.みたい...」と4人で絶句。

若すぎるメンズ相手に、何を喋ればいいの...?

女同士、目で合図をしながら、何とか話をつなごうとしているところに、だぶっとした胸元ガラ空きのシャツを身にまとった1人の男性がやってきた。

もとい「舞い降りた」と言った方が正しいかもしれない。

リップはみ出るスタイル

優希刃さん(@yaiba.y)がシェアした投稿 -

彼の名前は「優希刃(ゆうき・やいば)」。1ヶ月で6200万円を売上げるという圧倒的な記録を持つ伝説のホストだ。はっきり言って、お顔が美しすぎます。

25歳の体から匂い立つ、圧倒的な自信に気圧されるアラサー...。

モジモジする私たちを彼は甘ったるい会話でリードする。「ねぇ、この夏の目標を言い合おうよ」。

私はまたしても変な汗をかきながら、頭をフル回転させた。

さっきのシャンパンコールでのダサいスピーチを挽回したい...面白いこと言わなきゃ、、

追い詰められた31歳に、見かねた同僚が「刃さんに決めてもらったら?」と助け舟を出す。

「しょうがないなぁ」と小悪魔のような笑みを浮かべた刃さんが一言。

「じゃあ、まりえちゃんは、今年の夏、毎週新しい下着を買うってのどう?(ニッコリ)」

このあと、自分の口から出た言葉を、今も私は信じられていない。

「うん、そうする...」

HuffPost japan
浮かれる筆者の腕には、いつもの万能G-Shock...。色気が足りない!?

いやしないだろ。

ちょっとロジカルシンキングができていなかった。

確かなことは、ドSな態度とニッコリスマイルのコンボは、破壊力が半端ないということ。

そりゃ6200万円売り上げるわ。納得しかなかった。

ホストクラブは、女の友情も深まる。

最後に訪れたのは、アラフォーのホストさんたちが出迎えてくれる「アデオス」。シックな赤を基調とした落ち着いた店内は、ラウンジのような空間だ。

私たちは、ものすごく上質な赤ワインで乾杯した。

そこでは、62歳の現役ホスト・鶴屋文隆さんの、衰えぬ恋愛への情熱で笑い合った。(文隆さんは、誰よりスピーディーにLINE交換を持ちかけてきた)。

不動産業から転身し、ホスト歴1年だという38歳・ダイキさんの「生まれ変わりたくなったんだよね」という転職理由に妙に納得した。

代表のNARUSEさんをはじめ、アデオスの皆さんは、とにかく包容力がやばい。結局アラフォー男性が一番落ち着く...。

私たち4人は自然と自分の話をはじめてしまった。

「仕事ではこんな葛藤があるんだよね」

「最近のデートはこうだった」

「男の人の気持ちってよくわからない...」

ホストさんたちへの人生相談を通じて、同僚の「いつもと少し違う顔」が見えてきて、不思議な結びつきも芽生えた。

楽しい時間はあっという間。お店は法律上、深夜1時までに閉店しなくてはならない。シンデレラタイムを少しだけ回った頃、会はお開きになった。

一晩で36人のホストさんと出会い、正直、満たされまくった。いつも眠っている感情がむっくり起き上がっているのを感じた。

多分それは、「自己肯定感」に近いものだと思う。

私、生きててもいいらしい。だってこんなにイケメンが優しくしてくれるんだもん。

(何とでも言ってください...)

Smappa! Magazineさん(@smappa_mg)がシェアした投稿 -

私たちは、イケメンの悲しみにお金を払っているのかもしれない。

午前1時半。帰りのタクシーの中で、私はふいに、手塚さんが前に取材で口にした言葉を思い出した。

「僕たちの仕事は、毎晩毎晩、自分に値段がついちゃうんで」ーー。

ああ。確かにホストさんたちはみんな、選ばれるための努力をしていた。「LINE交換しよう」、「俺のインスタ、フォローしてよ」とグイグイくる人もいれば、「俺はアフターとか絶対行かないから」とライバルとの差別化を図る人もいた。

彼らは毎晩「今夜こそ誰からも選ばれないかもしれない」という不安と闘っている。

HuffPost Japan
そわそわしながら「ご指名」を待つホストさんたち。

もしかすると、ホストさんに会いにいく人たちは、キラキラした表情の向こう側に透けて見える、こうした不安や悲しみにお金を払っているのかもしれない。

ホストクラブって「お金で愛を買う場所」と思っていたけど、「お金で憂いを引き取る場所」なんだなぁ(深読み)。

イケメンの悲しみを買い取れる女になるべく、また仕事頑張ろう...。

記念に撮った浮かれポンチな自分の写真を見ながら、私は少しずつ現実世界へと戻っていった。

HuffPost Japan
やっぱり手塚さんが一番好きです。それが4人の総意(笑)

 ◇  ◇


「スマッパ!グループ」のホストクラブは、手塚さんの強いこだわりで、全てホワイトな「明朗会計」。初回は2000円から楽しめるので、ちょっとした非日常を体験しに、歌舞伎町の夜に消えてみるのもいいかもしれません。

ちょっとした「非日常」、それがアタラシイ時間。

人生を豊かにするため、仕事やそのほかの時間をどう使っていくかーー。ハフポスト日本版は「アタラシイ時間」というシリーズでみなさんと一緒に考えていきたいと思います。「 #アタラシイ時間 」でみなさんのアイデアも聞かせてください。