BLOG
2015年07月24日 17時22分 JST | 更新 2016年07月22日 18時12分 JST

ナノチューブで情報交換する幹細胞

Joseph Elsbernd

幹細胞ニッチは短距離のシグナルを出しており、幹細胞のみがそれらのシグナルに応答し、分化途上の子孫細胞は応答しない。このような選択性を可能にする仕組みについては、まだよく分かっていない。

山下由起子(米国ミシガン大学)たちは今回、ショウジョウバエ(Drosophila)の雄の生殖系列幹細胞が、「微小管依存性ナノチューブ(microtubule-based nanotube)」という、これまで知られていなかった構造を形成しており、これが幹細胞ニッチの主要構成要素であるハブまで伸びて、ニッチ-幹細胞シグナル伝達に関与していることを報告している。これらのナノチューブは、幹細胞ニッチから送られてくるシグナルの受容体を備えており、そうした自己再生シグナルを生殖系列幹細胞へ伝えるために必要である。

Nature 523, 7560

2015年7月16日

原著論文:

Nanotubes mediate niche-stem-cell signalling in the Drosophila testis

doi:10.1038/nature14602

【関連記事】

胚でのリンパ管の起源 Nature 522, 7554 2015年6月4日

組織の折りたたみに関わるアポトーシス Nature 518, 7538 2015年2月12日

胚の細胞が連携する仕組み Nature 515, 7525 2014年11月6日