aunsansuchi

引き渡しのめどは立たないが「輝きを取り戻し、備前伝の日本刀らしい華やかさが見えるようにしたい。この刀が日本とミャンマーのかけはしとなれば」。
新軍事政権に抗議するため、多数のミャンマー人がTwitterの利用を始めたことに対抗。数日前には、同様の措置をFacebookにも取っていた。
今回のケースは誤訳だが、過去には“あの政治家”が実際にこの言葉を使っていた...。
国会と地方議会の補欠選挙があった、ミャンマー北部カチン州を歩いた。
スーチー国家顧問の演説を聞いて私が感じたことを書いてみたいと思います。
国家指導者である彼女には、もはやポピュリズムは許されない。
アウンサンスーチー政権が誕生して1年、ミャンマーはどうなっているのか。
「男性、女性、子供、すべての家族、村全体が攻撃され、虐待されています」
ロヒンギャは、宗教的な不寛容と社会からの追放に直面し、インドやバングラデシュに逃れている。