donetsuku

ウクライナ政府軍と分離独立派による武力衝突が続く同国東部のドンバスで、戦地から戻った兵士らのうち約500人が自殺した、とウクライナ内務省が発表した。
ウクライナのポロシェンコ大統領は6月4日、ロシアから「本格的な侵攻」を受ける恐れがあると議会で演説した。
ウクライナ軍と新ロシア派勢力の戦闘が続く、東ウクライナ。2月11日に、ウクライナ、ロシア、ドイツ、フランスの4カ国が首脳会談を開くことになっている。激戦地の模様を写真で追った。
ウクライナ東部のドネツク市で、現地時間2月8日夜、大きな爆発がありキノコ雲が生じた。反政府派「ドネツク人民共和国」の弾薬庫をウクライナ軍が攻撃したことが原因のようだが、目撃者の多くは核爆発ではないかと考えたようだ。
ドネツク近郊のブーレヒレスクの町は、政府と親ロシア派による内戦の激戦地となった。
最近ウクライナ東部で起きた無誘導ロケット弾による2件の不法攻撃は、分離独立派の反政府勢力によるものである可能性が高く、子ども2人を含む少なくとも41人の一般市民が死亡、100人超が負傷した、と本日ヒューマン・ライツ・ウォッチは述べた。
ウクライナ東部で続いている砲撃の様子を、車のドライブレコーダーがとらえた映像がネットに投稿され話題となっている。
ウクライナのポロシェンコ大統領は8月30日、ベルギーのブリュッセルで行われているEU(欧州連合)首脳会議に招待され、ウクライナの現状を「後戻りできない状況に迫っている」と述べ、ウクライナ東部にロシア軍が侵攻している状況を強く非難した。
若しドネツクとルハンスクが陥落すると、ロシアはウクライナ本土での足掛かりを失うので、ロシア国内でのプーチンの支持率が急降下することも予想されます。このようにウクライナ情勢は未だ予断を許しません。
悲しいことだが、プーチンは、他に取るべき方法を知らないのだ。プーチンは、世界におけるロシアの威信を取り戻せると信じている。