hasegawayutaka

相模原市の障害者施設で45人を殺傷した植松聖被告。社会は彼に怒りをぶつけたのか。
「士農工商の下に、人間以下の存在がいる」などと差別発言をしたことで、部落解放同盟が「日本維新の会」に抗議していた。
「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ」とブログに書き込み、批判を浴びて謝罪した
「立候補までは、ある程度の自由裁量はある」とも。
フリーアナウンサーの長谷川豊氏を、日本維新の会が次期衆院選に千葉1区から擁立する意向を固めたと、日テレNEWS報じた。
過剰な自己責任論や「本音」に名を借りた暴言に対して、私たちはどう向き合うべきか。立岩真也教授に話を聞いた。
個人の努力を促せば、医療費は削減できるのか?実は、予防医学では、それでは不十分なことが明らかになっている。
長谷川豊さんと女性患者の対談について「取り込まれたのでは?」「なぜもっと強く抗議をしなかったのか」という疑問の声に、女性患者の野上さんがハフポスト日本版に改めて寄稿した。
抗議の署名を集めた女性は、「長谷川さんが本当に訴えたかったことを聞き、一緒に未来を考えたい」とも考えていた。