hinketsu

食事の工夫や、低用量ピルの服用など、まだまだ教育が行き渡っていないのではないか。
アスリートの貧血改善にも取り組む予定だ。
鉄欠乏貧血は世界が抱える重大な健康問題であり、20億人以上に影響を及ぼしているという。
これまで社会も医師も、この疾病に対してあまり注意を払ってこなかった。
女性が高学歴化し、社会進出が進む先進国で、貧血は古くて新しいテーマだ。
皆さんは、自分の血液の状態をご存知でしょうか?
自身の勤務先の病院の女性看護師の貧血の割合を調査した。なんと、18.1%の看護師が貧血だと分かった。
自分も1500mからフルマラソンまでを専門種目として、高校生から現在まで陸上競技を続けているのだが、多くのランナーと同じく貧血に悩まされている。
10〜20代の男性が貧血を主訴に受診されると、単純な貧血ではないかも...
貧血は若い女性だけの病気ではありません。むしろ健康で活発にスポーツをしている人ほど気をつけたほうがいいかもしれません。
自覚症状がないかくれ貧血ですが、放置すると疲労感・注意力低下・めまい・頭痛などなど放ってはおけない症状が出ることも。
「日常は困らないが貧血があると思う」と受診された方には、ランニングをしているという共通点がありました。
立ちくらみやめまいの症状を『貧血』と思っている方が多いですが、実際に貧血になったとき、どのような症状が出るのか、ある女性患者さんの場合を見てみましょう。
肩こりという症状を起こす病気は、整形外科以外にも多くの診療科の中で起こってきます。身近な病気と肩こりとの関係をみてみましょう。
鉄欠乏性貧血は、世界中の子供や若者の間で最も深刻な栄養不足問題の一つです。
実は、我が国は「貧血大国」だ。我が国の妊婦の30-40%が貧血だが、これは先進国の平均である18%とは比較にならず、発展途上国の56%に近い。
プルーンとは、乾燥させたすもものこと。野菜が完熟すると栄養価が高まるように、生のすももを乾燥させることで栄養価、さらには甘味も増します。