hisaichi-shien

紗栄子、YOSHI...ティーンのアイコンたちが、台風19号の被災地を巡った
支援を必要とする日本人のために、外国人留学生が「支援する側」になることは、在日外国人と日本人との距離をぐっと縮める絶好の機会になりえるのではないか。
被災地支援などをする著名人には「売名」との批判もついて回る。ネガティブな声にどう向き合い、どう行動したのか。
大震災発生から1週間。社長のあなたはテレビから見える惨状に胸を痛め、どこかに寄付をしたいと考えた。さて、どうするだろうか。
八木正志さん「多くの人に感謝され、こちらこそ勇気づけられた。災害時だからこそ、ゆっくりと排せつできる空間を提供できれば」
被災地からの要請を待たず、国が物資を送り込むことができるようになったのですが、実際のところ...
途上国支援でのボランティア経験からみる、“千羽鶴”問題への対処法とは。
予算の限られた緊急支援においては、住民の参加と透明性の確保が大きな鍵になります。
何度か被災地を訪れるなかで感じたことと、自分が父親としてこれから取り組んでみたいことを書き記しておきたい。