honkon-demo

「香港で、警察官の暴力が加速し、ものすごい速度で言論が規制されていく瞬間を目の当たりにしました。ここで起こったことは今後アジアの様々なところで起きる、日本にとっても他人事ではないということです」
作品を海外に移したり、香港を離れることを選択する香港のアーティストたち。政治的なメッセージを含んだ作品の制作を控えるなど自己検閲が強まる中、阿塗さんは香港にとどまり心のままに制作を続ける。
「香港で人を逮捕して、大陸に連れて行って裁判にかけるということを、かなり限られた条件とはいえ可能にするとしています」(立教大学・倉田徹教授)
中国政府への転覆や反逆行為などを禁じる「国家安全法」を香港にも適用するための法整備を進めると表明したことを受け、香港が再び揺れている。
香港の憲法にあたる香港基本法23条では、もともと中国政府に対する反逆などを禁止する国家安全法の制定を求めていたが、これまでに作られてこなかった
「なぜ捕まったのかわからない」。男子学生は拘束された際に暴力を受けたと説明しています。
香港政府に対しても「北京当局の機嫌を取るために、香港の若者たちを犠牲にするべきではありません」と呼びかけている。
大学生が死亡した事件で、警察への疑念を抱く市民がいる一方で、警察側は真っ向から否定している。
中国バスケットボール協会やスポンサーがNBAやチームとの関係を中止すると表明。NBAの姿勢に、アメリカ国内からも批判の声が上がっています。
地元紙によると、1日で少なくとも50人以上が負傷、180人以上が逮捕された。負傷者の中には11歳の子どももいるという。