isil

シリア内戦は軍事的に明らかな結末へと向かっているように見える。
過ちを繰り返さないために、差別と迫害の歴史と向き合うときだ。
アメリカ軍がIS掃討に特殊部隊を投入した初めての作戦。
オバマ大統領は、過激派組織「IS(イスラム国)」などのテロ組織に誘拐された人質の家族が、身代金を支払うことを容認する新たな方針を発表した。
政治が判断すれば、自衛官はどんな現場であっても行く覚悟はできている。ただ、「国論を二分する状況で派遣されることは避けたい」「国民的な理解を得られない状況ならば、一年かけてでも議論した上で結論を出すべきではないか」という声に、総理は耳を傾けるべきだ。
この作品を配給すべきかどうか、随分と迷った。国際映画賞をいくつも受賞するほどの作品だ。しかし、絶望したくなるほど暗い作品を日本で公開する意味はどこにあるのか?
過激派組織「イスラム国」は19日、エチオピア人のキリスト教徒ら約30人をリビアで殺害したとする映像をインターネット上に公開した。
イラクのアバディ首相は31日、イラク軍が北部の主要都市ティクリートから過激派組織「イスラム国」を排除したと明らかにした。
米国防総省は19日、昨年8月以降、過激派組織「イスラム国」に対して行った空爆は2320回、費用は18億ドル(2200億円)となったことを明らかにした。
イエメンの首都サヌアで20日、2カ所のイスラム教礼拝施設(モスク)で自爆攻撃事件があり、これまでに少なくとも137人の死亡が確認された。