kaigaiseikatsu

社会や他人はいつでも自分に「迷惑」をかけてくるものだから、自分だって時には迷惑をかけたっていいじゃない。
突然、ロサンゼルスの現地校へ。「大きな壁を乗り越えた先には、楽しいことが待っている」
PRESENTED BY 三井住友信託銀行
パタゴニアで叶った、私たちの夢
思えば、「よく、ここまでやったものだ」と自分でも、感心する。
南米チリのパタゴニア地方で暮らす私たちの日常のストーリーが、シンプルに生きたいと思っている人たちの手助けになるかもしれないし、忙しく都会で生きている人には、リラックスできる空間を提供できるかもしれない。
今回は、私が今でも忘れられない「マレーシアで起きた3大事件」と、その場をどのように対処したのかについて、お伝えします。
ヤンゴンの家探しでおすすめしたいエリアをご紹介します。
皆さん「雷魚」という魚を知っていますか?日本にも生息する雷魚(外来魚)は、頭がヘビに似ているので「スネークヘッド」とも呼ばれています。
これであなたも自信をもって、ネクラ・非リア充・非モテに磨きをかけることができます。
生後6ヶ月になったばかりの娘もそんなミャンマーの生活をモノともせず、元気すぎるくらいすくすくと育っています。
コーラは、日本では500mlで150円という値段に慣れている人も多いでしょうが、カトマンズではおよそ...
私の初めての妊娠検査は1日で終わらず、エコー検査や血液検査など、様々な検査を1日ずつ分けて行い、病院に4日通ってやっと結果をもらったというとんでもない非効率さ。
今、日進月歩で変化を遂げつつあるミャンマー。これからの5年で変わりそうな、ミャンマーの事情を4つご紹介します。
現地に長く滞在することで、フィリピンのもっと色々な面を知りたいと考えるようになりました。
去年ドイツに来てから私は多くの尊敬できる友人に出会うことができましたが、1つだけ苦い思い出があります。
私たちの次の故郷を探してみよう。
「シリアの人たちにとっての爆弾は、日本人にとっての地震みたいなもの。その時は怖いし逃げ惑うけれど、落ち着いたあとはいつも通りに生活するわ」
海外で活動する日本人にとっての脅威とは何か、その傾向と対応策を人道支援NGOの立場から論じていきたいと思います。
「wasabiさんはいつか日本に帰ろうと思っているんですか?」という質問はたまに聞かれることですが、結論から言えば…