kankoku-chinbotsusen

徐々に生々しい姿を現している。
23日未明、1073日ぶりに船体が水面上に姿を現した。
事故からほぼ3年を経て、船体の引き揚げ作業が始まった。
あれから1年9カ月がたち、事故を経て生き残った83人の生徒たちが、1月12日、卒業式を迎えた。
韓国で300人以上の死者・行方不明者を出した大型旅客船「セウォル号」沈没事故で、光州地裁は11月11日、イ・ジュンソク船長に懲役36年の判決を言い渡した。
300人以上の死者・行方不明者を出した韓国の大型旅客船「セウォル号」沈没事故で、韓国政府は、11月11日で行方不明者の捜索を打ち切ると発表した。
朴槿恵・韓国大統領の今後の政局運営を占う上で注目された6月4日の統一地方選は、道知事やソウル・釜山などの主要市長選で与党・セヌリ党系が8人、野党系が9人の当選を決めた。朴大統領初の全国一斉の選挙結果は、どちらが勝ったとも明言しにくい結果となった。
朴槿恵(パククネ)・韓国大統領の就任後初の全国的な選挙となる統一地方選が、6月4日に投開票される。比較的安定した支持を国民から得ていた朴大統領だが、4月16日に起きたセウォル号沈没事故で批判の矢面に立たされ、防戦に回る選挙が目立つ。
韓国南西部の珍島沖で起きた大型旅客船「セウォル号」の沈没事故を受け、朴槿恵大統領は5月19日、国民向け談話を発表した。真相究明委員会を立ち上げるほか、救助を巡る数々の不手際が批判された海洋警察庁をT解体する機構改革を提案した。
問題が発生すれば、大統領を非難する私たちの社会が野蛮だと言う人が現れる。しかし、本当に野蛮なのは、他者を野蛮と見る視線そのものであり、悲劇的な事故のときでさえ忠誠の連鎖に割り込もうと機会をうかがう心性だ。
韓国南西部の珍島沖で沈没した大型旅客船「セウォル号」の事故で、300人以上の死者・行方不明者が出た原因は、儒教文化にあるとする意見が欧米などで出ている。
韓国南西部の珍島沖で起きた大型旅客船「セウォル号」の沈没事故を受けて、朴槿恵大統領の支持率下落が続いている。事故対応を巡る不手際が相次ぎ、国民の不満や怒りが大統領を直撃している。
見かけ倒しで中身はあちこち腐っている韓国の実像に直面するたびに悲しさがこみ上げます。
韓国南西部の珍島沖で起きた大型旅客船「セウォル号」の沈没事故で、船に閉じ込められた行方不明者を捜索していた民間の潜水士1人が5月6日、死亡した。潜水士の死亡は事故3週間で初めて。
韓国南西部で起きた大型旅客船「セウォル号」の沈没事故について、北朝鮮国営の朝鮮中央通信は5月5日、論評を配信し、朴槿恵大統領ら政権の「反人民的政策と無能力、無責任感がもたらした人災」「現当局の無能と反人民的行動がもたらした必然的所産」と激しく非難した。
韓国南西部で起きた大型旅客船の沈没事故を受け、朴槿恵大統領が謝罪した。公式に謝罪の意を表明したのは初めて。29日午後4時現在、205人の死亡が確認され、行方不明者は97人になった。
韓国南西部で起きた大型旅客船「セウォル号」の沈没事故で、乗客より先に逃げたと批判されて、船員法違反容疑などで逮捕されたイ・ジュンソク船長ら3人が、弁護士との接見で「退避命令は出した」「紙幣を乾かしたりなどしていない」と反論した。
韓国南西部で沈没した大型旅客船「セウォル号」の事故で、当初、乗客らの救助にあたった木浦海洋警察が4月28日、最初に現場に到着した職員が撮影した動画を公開した。
韓国南西部で起きた大型旅客船「セウォル号」の沈没事故を受け、鄭烘原(チョン・ホンウォン)首相が4月27日、緊急記者会見を開き、辞意を表明した。事故を巡る韓国政府の対応には、どんな問題点があったのか。