kojo

アイドルグループ「Kis-My-Ft2」の横尾渉が、全国で7人しかいない超難関の「1級マグロ解体師」試験に合格した。
Made in JAPANのものづくりにこだわったカトラリーケースを製作しました。
理念や思いが根底にあってこそ、「オムニチャンネル」「O2O」「ショールーム型ストア」という言葉は真の意味を帯びるのです。
「メイドインジャパンはこれだけ良いものをつくれると胸を張りたい」
製造現場のイメージに似つかわしくないお掃除ロボットが、最先端を行く工場のシンボルに思えてなりません。
「ロボットの導入によって、同工場の人出を11万人から5万人まで減らし、大きな人件費の削減に成功した」
構造改革費用込みで過去最悪の赤字見通し5500億円を発表した東芝が、PCやテレビといったライフスタイル(家電)事業の再編策を明らかにしました。
振動を吸収し、地震による倒壊を防ぐという免震ゲル、現在全国160社(309店舗)が代理店として取り扱いを行い、石材地震対策業界ではトップシェアとなっている。
株式会社タカラの「学ぶ×働く」が直結する取り組みは、工場の活性化だけでなく働く人のモチベーション向上やそこで働くことに対して愛着や誇りを持ちやすくなること、企業の永続性にもつながり、今後の業界成長におけるヒントとなるのではないでしょうか。
ドイツ政府と産業界は、工業生産のデジタル化計画「インダストリー4・0」に成長戦略として大きな期待をかけている。連邦政府は今年から実用化へ向けてテンポを速める。