shugiin

今週も「地方創生と我が国の安全保障」と題する講演が多い一週間でした。
​​​​​​​ それは「政策的な立ち位置の整理」です。 27日に総選挙後初の両院議員懇談会、総会が行われました。私がその場で強く主張したことは「政策的立ち位置の整理」の必要性です。 多くのメディアでも、色んな人がそれぞれ話されるので、私自身
小池知事も国政の選挙に影響を及ぼそうとするならぜひ、出馬して頂きたいですね。
対する野党側は波乱の展開になっている。
本会議での動議の取扱いを判断するのは、大島衆議院議長である。
タイミングが「臨時国会冒頭」である必要があるのでしょうか。
この三連休の話題はやはり解散総選挙についてが中心となりました。
どう考えても、「加計学園の特区申請は今年1月20日に知った」という話が維持できるとは考えられない。
文科省の前川喜平・前事務次官や、和泉洋人・首相補佐官、加戸守行・前愛媛県知事ら、この問題のキーマンとされる人々が参考人招致されている。
気まずい雰囲気となったのは、私が第三国定住の受入国一覧と各国の受入者数を示したときです。
焦点になっているのは「官邸の最高レベルが言っている」などとして、内閣府が文科省に対して獣医学部の開設を急がせたということを記録した文書があったかどうか。
学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画をめぐり、文科省が内閣府に「総理のご意向」などと言われたとする内容が記録された文書について、義家弘介文科副大臣が6月6日、衆院内閣委員会で「自分が見ていないものは行政文書じゃない」と発言し、野党から批判される場面があった。
オリンピックの費用負担でもめるのは何もこれが初めてではありません。中止になった戦前の東京オリンピックでも費用負担でもめたようです。
トランプ大統領が先制攻撃に触れるなどの状況で、ソウルに場所を移した北朝鮮の議論は白熱しました。
最大の理由は、保守政治家として譲れない一線を示すということであります。
農業者はこれまで経営改善の努力をしてこなかったとでもいうのでしょうか。