sochigorin

2月7日のソチ五輪開会式で、五輪マークの輪が一つ開かなかったのは、前日の夜にその輪が落下してしまっていたことが原因だった。
ウクライナのパラリンピック協会は、ロシア軍がクリミア半島を侵略したことを受けて、ソチ・パラリンピックをボイコットする意向を公式ホームページで発表した。
ソチ冬季オリンピックが幕を閉じた。今回のオリンピックは韓国人にいい思い出だけを残したとは言えないだろう。釈然としない判定で金メダルを逃したキム·ヨナ選手のためだ。キム·ヨナ選手の件で、想像以上に多くの人々が怒った。
ソチ・オリンピックのフィギュアスケート女子で6位となった浅田真央選手が記者会見し、来季の現役続行の可能性について「今のところハーフハーフ(五分五分)くらいです」と笑って答えた。
2月24日未明(日本時間)、ソチオリンピックの閉会式が黒海沿岸部にある「フィシトオリンピックスタジアム」で行われ、17日間に渡る大会に幕が下ろされた。
ソチ冬季五輪が閉幕する。浅田真央選手の演技、羽生結弦選手の快挙、葛西紀明選手の奮闘――今回も様々なドラマがあった。きっと多くの人が心を動かされ、「感動をありがとう」と口にしたことだろう。
ソチオリンピックは2月22日(日本時間)、スピードスケート団体追い抜き女子が行われ、女子の日本(押切美沙、田畑真紀、高木菜那)は3位決定戦で、ロシアに破れ4位となった。
ソチ五輪フィギュアスケート男子フリー。深夜にも関わらず、瞬間最高23.1%と驚異的な視聴率を記録。金メダルをとった羽生結弦選手の人気は、国内のみならず世界的に爆発しました。たぐいまれなスケートの才能、王子様のような容姿、被災体験と苦悩の日々......。微に入り細をうがち、彼に関する情報が洪水のように流れてきます。
20日に福岡市で行われた講演会で、森喜朗氏(元総理大臣・東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長)の発言が大きな波紋を読んでいるのは周知のとおり。ま、波紋と言うか世の中みんな憤慨!的な感じになっているわけです。実際ぼくのフェイスブックもツイッターのタイムラインも昨日の昼頃から、森氏への憤りの書き込みが満載だったわけですが、この森氏の講演での発言全文を読むとちょっと印象が変わってくるのも事実でして。
2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会会長の森喜朗元首相の発言が波紋を呼んでいる。2月20日、福岡市での講演で、ソチ五輪フィギュアスケートの浅田真央選手のショートプログラムの演技や、フィギュア団体戦について述べた内容に批判が高まっている。
ソチ五輪は21日、スピードスケートの団体追い抜きを行い、女子の日本(押切美沙紀、田畑真紀、高木菜那)は1回戦で韓国を3分3秒99で下し、準決勝に進んだ。
ファンのために、支えてくれた人々への恩返しとして、そして自分自身のために滑り、成し遂げられたことがうれしいといったことを、彼女は演技後や翌日のテレビで語っていた。スポーツにおけるドラマとはほかの誰でもない、競技者自身だけがつくり出すものであるということを浅田選手は示してみせた。
あの場面、選手たちは何を語った?ソチオリンピックアスリートたちのコメントを振り返る。
ソチオリンピックの女子フィギュアシングル・フリー決勝。日本時間ではほぼ早朝という時間だったにもかかわらずに、実に多くの人が見ていたようです。