suriranka

スリランカの複数の場所で爆発があり、多数の死傷者が出ている。
将来的に南アジアの国々の間に存在する境界線の破壊に繋がるだろう。
スリランカの日常と宗教は表裏一体である。ここで過ごした少年時代を思い出す。
臼杵・キャンディには姉妹提携の良き模範になることを期待すると同時に、今後に向けた多くの可能性について思いをはせてはいかがでしょうか。
日本の最大のおかしみは、キリスト教徒ではないのにキリストの誕生日を盛大に祝い、仏教徒なのにブッダの誕生日を祝わないことである。
「喉が渇いて死にそうです」
集まったメンバーもスリランカ好き、海外旅行好きな方々ばかりで、楽しくおいしいひと時でした。
世界の大国が自己利益のために日本を振り回そうする中で、壇上に立った一人の褐色肌の一人の青年。スリランカを代表して会議に参加した当時44歳のジャヤワルダナである。
日本のカレーはじっくり煮込んで作りますが、ジャスティンさんが作るスリランカカレーで最も時間がかかったのは、炊飯器がご飯を炊いてくれるのを「待つこと」でした 。