toden

住民側は時間や費用がかかる裁判に訴えるしかなく、反発を強めている。
事前のダブルチェックはしていたが、「配慮不足だった」と説明
東京電力福島第1原子力発電所事故の避難指示解除から、まもなく7年半の福島県相馬郡飯舘村の比曽地区に、鮮やかな高原の花々がよみがえった。
6月下旬に発足する東京電力ホールディングス(HD)の「新体制」が決まった。
6年が経った。もう一度、「福島を忘れていないか」と自らに問いかけたい。