yunyu

衣類や毛髪製品、綿製品やコンピューターの部品などを作る企業や施設が対象に。中国側は強制労働を否定している。
2019年の上半期に日本に輸入されたタピオカは過去最高の4471トン。果たしてこれで、琵琶湖を埋めつくすことができるのだろうか……。
中国への消費財輸出を目論む企業にとっては、豊富なビジネスチャンスがある市場といえるだろう。
ぎゅっと詰まった旨味と、弾力のある歯ごたえ、ほとばしる肉汁……。近年話題になっている熟成肉は、アメリカン・ビーフと相性が良いようだ。お肉の生産農家をちょっと覗いてみた。
PRESENTED BY アメリカン・ビーフ
5日付の上海証券報によると、中国はレアアース(希土類)の輸出制限を撤廃した。
財務省が8月8日に発表した2014年上半期(1〜6月)の国際収支速報によると、海外とのモノやサービス、投資の取引状況を示す経常収支は、前年同期の3兆3131億円の黒字から5057億円の赤字に転落した。比較できる1985年以降で上半期の赤字転落は初めてだ。2013年下半期は788億円の赤字で、これを上回る2半期連続の赤字となった。
過去最大の13兆円台の貿易赤字を記録した2013年度に続き、14年度も10兆円台の赤字が続くとの見通しが浮上している。これまでの設備投資委縮や労働力人口減少で国内供給力が細り、需給ギャップもプラス転換しつつある今、国内景気回復が輸入増加につながりやすいという新たな構造要因が生まれているためだ。巨額貿易赤字を前提とすれば、経常黒字額もせいぜい5兆円台前後に縮小するとの見通しも広がっている。
「アメリカで買ったスニーカーを日本に持ち帰ると、税関で没収される」。ウソのような話だが、全くのデマとも言い切れないようだ。