THE_BLOG

小説『邪気眼は定年に隠る』が『別冊群雛』2015年02月発売号に掲載! ── 小林不詳さんインタビュー

『別冊群雛』2015年02月発売号には、小林不詳さんの新作小説『邪気眼は定年に隠る』が掲載されています。これはどんな作品なんでしょうか? インタビューをどうぞ。
この投稿は、現在は閉鎖されているHuffPost寄稿プラットフォームで公開されたものです。寄稿者が内容を管理し、当サイトに自由に投稿します。このエントリーの内容が不正である場合は、メールでご連絡ください

『別冊群雛』2015年02月発売号には、小林不詳さんの新作小説『邪気眼は定年に隠る』が掲載されています。これはどんな作品なんでしょうか? インタビューをご覧ください。

小林不詳(こばやし・ふしょう)と申します。

最近右眼が疼きます。乱視です。

最近右腕が自分の意志に背きます。四十肩かな。

記憶に残っている記念日はビキニデー(3月1日)です。昔名前だけ聞いて「3月なんてまだまだ寒いのに大変だ(だがそれがいい)」と思いました。

よろしくお願いします。

◆Twitter:

◆主な作品:

『魔界X生』『しょくらあと外法帖』『巻戻り不死町と幻の時警団』

二人暮らしの妻にも内緒で、右の邪気眼を武器に50年間暗殺者をやってきた主人公が、自分の最後の「仕事」の日に、家のカレンダーに謎の×印が付けられていることに気づき、それをきっかけに苦しむ話です。

記念日というお題を聞いてまず「カレンダーの謎の印が気になって色々動いて自滅する人」の話を考えたのですが、色々とこねくり回しているうちにこうなりました。

老いる系の人(特に異能持ちの方)。

毎日3時間ほど作業しながら2週間程度です。

『甲賀忍法帖』[小説・山田風太郎(やまだ・ふうたろう)]

(敬称略)

レーモン・クノーさん。

今年こそエイプリル・フール向けの短編を。

小林不詳さんの新作が掲載されている『別冊群雛』2015年02月発売号は、刊行リストまたは下記のリンク先からお求め下さい。誌面は縦書きです。

『別冊群雛 (GunSu) 2015年02月発売号』の購入はこちらから