NEWS
2013年12月01日 23時14分 JST | 更新 2013年12月01日 23時39分 JST

辺野古移設を容認、自民沖縄県連 公約変更で会長が辞意

自民党沖縄県連は1日の総務会で、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設問題について、「辺野古移設を含むあらゆる選択肢を排除しない」とする方針を正式に決めた。県外移設を求める公約を変更し、政府が進める名護市辺野古への移設を容認した。県連会長の翁長政俊県議は、公約変更の責任を取って会長を辞任する意向を明らかにした。

時事通信

このエントリは、期限切れになった

関連記事

Photo gallery オスプレイ写真集 See Gallery
Photo gallery 第29回百里基地航空祭【2013年9月8日】 See Gallery