幸福感を人に伝染させる4つの感情

空気が冷える季節は風邪をひきやすいと悪評ですが、感情も伝染すると知っているだろうか?人間として、良くも悪くも、私たちは他人の感情に影響される。私たちの脳には共感のワイヤーが張り巡らされ、あくびから忍び笑いまですべてを「キャッチ」できる。

空気が冷える季節は風邪をひきやすいと悪評ですが、感情も伝染すると知っているだろうか?人間として、良くも悪くも、私たちは他人の感情に影響される。私たちの脳には共感のワイヤーが張り巡らされ、あくびから忍び笑いまですべてを「キャッチ」できる。

以下の4つの伝染性幸福感をチェックしよう。そして、今度大人数のグループに囲まれたら、ちょっとポジティブな感情で相手を「感染」させよう。

笑い
Getty
2006年の研究で、笑いは伝染性があると発見された。それは、たとえ自分が会話の文脈を確実に理解していなくても有効だ。脳は自動的に音に反応し、顔の筋肉を笑顔に仕立てる。
思いやり
Getty
人間として、私たちには思いやりのワイヤーが張り巡らされている。そしてそのワイヤーが外に向くと、他人から感情をキャッチすることもできる。優しさを受け取る側にあるとき、たいていその人たちは自分からもお返ししなければすまないという気持ちになる。
歓喜
Getty
嫌な気分になった?それなら、最も楽しそうな友人の和の中に入ろう。2008年の研究で、人の幸福は近くにいる人から直接影響を受けることが発見された。幸福な人に囲まれている人は自分自身も幸福に感じた。\n
楽観主義
Flickr:Purple Sherbet Photography
2009年の研究によると、楽観主義は社交的に伝染する感情だ。ポジティブな人は良い感情の「ラジエーター」で、悲観主義の人は「下水管」であると考えられている。

[(English) Translated by Gengo]

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています